真空パックできない理由

『実は鮮度のよいコーヒー豆は真空パックにできないんです』

これはなぜかというと、焙煎したてのコーヒーは多くの炭酸ガス(香り成分でもあります)を含んでいる状態です。この「炭酸ガス」がコーヒーを淹れた時にプゥワっとふくらむ要素なんですね。
プゥワっとふくらむ=コーヒーの鮮度がいいということなんです。
真空とは文字通りパック内を真空にすることです。鮮度の高いコーヒーを真空にすると一時的には真空状態になります。しかし焙煎したての豆は炭酸ガスが多いので、袋はパンパンになってしまって、時には袋が破裂してしまうんです。だから焙煎してすぐのコーヒーは真空パックをすることができません。
でも、不思議。スーパでは真空パックのコーヒー豆(粉)ばかりですよね。
焙煎してから日にちの経った豆であれば真空パックできます。
でも、日にちが経っている=ガスが抜けている=膨らまない(香りが抜けている)ということになります。また、真空パックされた豆(粉)は袋を開けた瞬間に急激に劣化がすすみます。

img-2
コーヒーは生鮮食品です。
当店ではいつも焙煎したての新鮮な豆を提供しております。
それはお客さまに「ほんとにおいしいコーヒーを飲んでいただきたい」からです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.8.16

アジアンスペシャルティーコーヒーが登場!

現在急速に経済が発展しているミャンマーより、アジアンスペシャルティー、アラビカコーヒー「SEIZAN」の登場です。 ミャンマーは201…

おすすめ記事

アーカイブ

  • 2018 (39)
  • 2017 (101)
  • 2016 (51)
  • 2015 (101)
ページ上部へ戻る