モカ・マタリ・アルマカG-A

specialtycoffee

イスラム国の影響で最近港が閉鎖され、入荷が困難な状況になってしまったイエメン産コーヒー。当店でもアルソワイド、アルタイルが入手困難となっていて、次回入荷はのめどは全く立っておりません。そんな中、とても貴重なモカの豆が入荷しました。 その名も『モカ・マタリ・アルマカG-A』 です。モカ好きな方にぜひ、お試しいただきたい逸品です。

原産国:イエメン サナア西部 ハラズ・ハイマ・バニマタル地方
標高:1,500m~ やや水分を残した状態で保存されたチェリーを脱穀精選
精製製法:天日乾燥
スクリーン:グレードAスクリーン15

イエメンは、エチオピアと並びコーヒー生産および文化の源流であり、「モカマタリ」のブランドで知られます。 しかし生産されるコーヒーは、生産農家から輸出までのルートが複雑であり、選別の粗い品質のものであると言われます。 そのような中、”アルマカ”に関しては、イエメンで唯一 最新式のイタリア製選別機を有する「イエメンコーヒープロセッシング」という輸出業者が、保管と選別を丁寧に行っております 。
コーヒーノキがいつ頃から人間に利用されていたかは、はっきりしていません。アラビカ種の原産地であるエチオピアのアビシニア高原ではオロモ人(ガラ族)が古くから利用していたとする説があり、薬草または携帯食として潰した果実や葉を団子状にして用いていたと考えられています。その後もイエメンでは修道者が眠気覚ましとして用いられたが、宗教的な秘薬に留まっていました。一般民衆に広がり始めたのは15世紀にファトワー(イスラム教の法学者)で認められてから以降で、その後イスラム世界全域に拡大しました。ヨーロッパには、16世紀末にオスマン帝国から伝わったとされています。17世紀に入り、ヨーロッパ各国にコーヒーが普及し始めると、イギリス・フランス・オランダの東インド会社がこぞって、イエメンからの輸入取引を始める。コーヒーの積み出しが行われたイエメンの小さな港の「モカ」が最初のコーヒーブランド、モカコーヒーになりました。

mamebotanモカ・マタリ・アルマカ(浅煎り)


こちらの商品はかんたんドリップパックもございます。
mamebotanモカ・マタリ・アルマカ(浅煎り)かんたんドリップ10個入り


mamebotan モカ・マタリ・アルマカ(浅煎り)かんたんドリップ30個入り


こちらの商品は生豆もございます。
mamebotanモカ・マタリ・アルマカ:200g

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

『インカのコーヒー・オーガニック ボリビア・コパカバーナ農園』限定60㎏販売開始です。

原産国:ボリビア共和国 農園:ラパス県 ユンガス地方 カラマ コパカバーナ農園 生産地標高:1,350~1,500m 収穫期間:5月~8…

おすすめ記事

アーカイブ

  • 2020 (50)
  • 2019 (66)
  • 2018 (54)
  • 2017 (93)
  • 2016 (48)
  • 2015 (96)
ページ上部へ戻る