超レア!『カップ・オブ・プログレッシブNATURAL1位ピルリット農園』

specialtycoffee

「ブラジルでいちばんおいしいコーヒー」こと

カップオブプログレッシブ、ブラジル伝統のナチュラル部門優勝ロットです。

ブラジルの中でも特に優れた産地として有名なセラード地区の総生産量の中から「これだ!」という品質のロットをナチュラル(非水洗)・ウォッシュド(水洗式)2つの精選方法で部門に分け出品し、そのなかで各部門1位のものだけが「カップオブプログレッシブ」として出荷されます。各組合の7つの支部に集められたサンプルはSCAAカップジャッジ(Qグレーダーを含む)有資格者から選び出され、決勝大会へと進むことができるのはわずかに15品です。その中から選ばれた今年のナチュラル部門優勝農園はピルリット農園です。

ブラジルらしい甘みは特に強く、マンゴーやライチを思わせるフレーバーで、冷めてくると少しトロピカルな果実の味わいが顔を出します。
口当たりはとにかくまろやかでコーヒーが苦手な方にも必ず楽しんでいただける1杯となっております。

ずっと提供させていただきたいこちらのコーヒーですがとてもレアなお豆さんのため、限定20kg程度で完売となります。ぜひ、この機会に「ブラジルでいちばんの美味しさ」をお楽しみください。

 


こんな木箱で入荷しました。

アロマが逃げないようにアルミパックで入っていました。

生豆です。袋を開けた瞬間からみずみずしいフルーティーな香りが漂います。
原産国:ブラジル
農園名:ピルリット農園
生産者:エリカ・マリーナ・カルバーリョ・ロドリゲス
生産地:ブラジル・ミナスジェライス州
標高:1100m
収穫年度:6~7月
製法:Natural(非水洗式)

エリカ・マリーナ・カルバーリョ・ロドリゲス(Erika Marina Carvalho Urban Rodrigues)は、1984年にパットス・デ・ミナス市で生まれました。リオ・グランデ・ド・スル州のノン・メ・トッキ市出身のイナッシオ・カルロス・ウルバン(Inácio Carlos Urban)の娘である。父方の祖父母は、より良い生活を求め、第一次世界大戦当時にドイツから移住してきました。

現在エリカは、ファフォピーリャ・グループ(Grupo Farroupilha)の経営陣の一人として働き、家業を継承しています。4歳と2歳の2人の娘の母親でもあり、グループの創設者の父、取締役の兄フェルナンド・ウルバンと(Fernando Urban)と夫のノエ(Noé)と役割を分担し合っています。子供の頃、いつも農場にいてコーヒーと触れあっていた。父親が彼のビジネスに対し情熱をこめて語るのを見て育ち、この情熱は父親から子供達へと受け継がれました。 「今日、私は自分のしていることが大好きで、このビジネスで働くことに誇りをもっている。」と彼女は言う。

※こちらは限定20㎏のみ販売です。なくなり次第終了します※


mamebotanカップ・オブ・プログレッシブNATURAL1位ピルリット農園(中煎り):200g


mamebotanカップ・オブ・プログレッシブNATURAL1位ピルリット農園(中煎り)かんたんドリップバッグ10個入り

コーヒー器具をお持ちでない方でもカップにセットし、上からお湯を注ぐだけなのでかんたんにコーヒーを楽しんでいただけます。かんたんドリップバッグ10個入りです。
※パッケージの色・デザインが変わることもあります※


mamebotanカップ・オブ・プログレッシブNATURAL1位ピルリット農園(中煎り)かんたんドリップバッグ30個入り

コーヒー器具をお持ちでない方でもカップにセットし、上からお湯を注ぐだけなのでかんたんにコーヒーを楽しんでいただけます。お得なかんたんドリップバッグ30個入りです。
※パッケージの色・デザインが変わることもあります※


こちらの商品は生豆もございます。
mamebotanカップ・オブ・プログレッシブNATURAL1位ピルリット農園:200g

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2019.8.27

ただいまより『コスタリカ・ジャガー・ハニー』60㎏限定販売開始です。

コスタリカは日本の1/7しかない国土のうち1/4が国立公園や自然保護区となっていて、エコツーリズム発祥の地となっています。豊かな自然…

おすすめ記事

アーカイブ

  • 2019 (50)
  • 2018 (54)
  • 2017 (95)
  • 2016 (51)
  • 2015 (100)
ページ上部へ戻る