ブラジル一番摘み手摘み完熟豆・ドゥアスポンチス農園ただいまから販売開始です。

お米に新米・古米があるようにコーヒーにも新豆(ニュークロップ)・古豆(オールドクロップ)があります。
ニュークロップはオールドクロップに比べて香りや味などで力強さを持っており、スペシャルティコーヒーとして、とても人気があります。
通常、市場に出回るのが収穫し、その年の年末から年明けになるブラジル産コーヒーを新鮮な状態でどこよりも早くお届けいたします。

セラード高原の中心地標高1,000mの高地で栽培され収穫されます。生産農場は徹底した近代農業技術の下で管理され、灌漑と乾燥設備そして水洗精選方も完備しています。FUNDACCER(セラードコーヒー研究所)の指導の下、一貫した栽培育成システムで管理されどの農園で収穫しても80点以上のスペシャルティーグレードである事が条件で日本に向けて出荷されます。 品種はムンドノーボ に限定、完熟豆を手摘みしさらに電子選別機にかけて未熟豆を取り除きます。
生産者の農園は機械化が進んでおりますが、木を植えて初収穫から2回目~3回目までは木が弱いので機械収穫ができません。そのため毎年農園内の10%~15%は手摘み収穫が必要となります。乾燥方法は従来の大量生産型のコンクリート乾燥法と違い、Win’dry(風干し)を採用し、じっくりと天日にかけて乾燥させています。従来の乾燥方法と違い網棚にのせ風力により低温均一乾燥を実現させました。スペシャルティコーヒーは品種・標高・収穫・乾燥・情熱、そしてその大地の地力の条件が全て揃い初めて出来るので何と言っても豊かなフレーバーと甘味が特長です。手摘み完熟豆の基本はWin’dryです。乾燥工程における化学的に起こるダメージなどの心配が少なく、また低温で乾燥を行うことによりフレーバーが豊かなコーヒーができあがります。

完熟豆のみを手摘みして風の力でじっくりと天日乾燥させ、手間暇かけて丁寧に作られたコーヒー豆です。

【生産者情報】
原産国:ブラジル
農園名:ドゥアスポンチス農園
生産者: アントニオ・ジョゼ・デ・カストロ
生産地:ブラジル・ミナスジェライス州
標高:1000m
収穫時期:7月上旬
製法: Semi-Washed(水洗式)

今回はアルミのメタルパックで入荷しました。
2020 FastCropの刻印がしっかり刻まれています。

※こちらの商品は味のタイプがマイルドな中煎りとビターな深煎りの2種類ございます。100㎏の限定販売です。


mamebotanブラジル一番摘み手摘み完熟豆・ドゥアスポンチス農園(中煎り)


こちらの商品はかんたんドリップバックもございます。
mamebotanブラジル一番摘み手摘み完熟豆・ドゥアスポンチス農園(中煎り)かんたんドリップバック10個入り


こちらの商品はかんたんドリップバックもございます。
mamebotanブラジル一番摘み手摘み完熟豆・ドゥアスポンチス農園(中煎り)かんたんドリップバック30個入り


mamebotanブラジル一番摘み手摘み完熟豆・ドゥアスポンチス農園(深煎り)


こちらの商品はかんたんドリップバックもございます。
mamebotanブラジル一番摘み手摘み完熟豆・ドゥアスポンチス農園(深煎り)かんたんドリップバック10個入り


こちらの商品はかんたんドリップバックもございます。
mamebotanブラジル一番摘み手摘み完熟豆・ドゥアスポンチス農園(深煎り)かんたんドリップバック30個入り


こちらの商品は生豆もございます。
mamebotan 【生豆】ブラジル一番摘み手摘み完熟豆・ドゥアスポンチス農園:200g


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

エルサルバドル・SHGカトゥーラ・ブラックハニー販売開始です。

中米グァテマラとホンジュラスの隣りに位置するエルサルバドル共和国。 エルサルバドルは中米グァテマラとホンジュラスの間に位置し米州大陸部で…

おすすめ記事

アーカイブ

  • 2021 (3)
  • 2020 (66)
  • 2019 (66)
  • 2018 (54)
  • 2017 (93)
  • 2016 (48)
  • 2015 (96)
ページ上部へ戻る