フローレス・コモドドラゴン・インドネシア30㎏ただいまから販売開始です。

specialtycoffee

原産国:インドネシア
生産地:東部フローレス島
標高:1100~1700m
製法:スマトラ式精製法
※スマトラ式精製法とはコーヒー豆の精製方法のひとつで、マンデリンで有名なインドネシアのスマトラ島で生まれたものです。他の精製方法と最も異なるのは完全に乾燥させる前に脱殻してしまう点です。

◆スマトラ式の精製処理の流れ

<果肉除去>→<粘液質(ミューシレージ)除去>→<予備乾燥>→<脱殻>→<本乾燥>

他の産地では通常、農家から実の状態でコーヒーチェリーが集められまとめて精製場(ウェットミルなどと呼ばれる)で処理されますが、スマトラ島の場合は各農家が予備乾燥の段階までの処理を自分たちで行います。予備乾燥の段階ではまだ水分が50%ほど残っていますが、その状態で業者が集荷し、その後の脱殻・本乾燥の工程を行います。

乾燥工程が2度に分かれている利点は、それぞれの乾燥工程の時間が短くて済むこと。収穫期に雨の多い地域ならではの精製方法です。
インドネシア東部の秘島フローレス島。島内の多くの火山の中でも、クリムトゥ山は異なる色の水を湛える3つのカルデラ湖で知られ、フローレス島西部のコモド島では世界最大のオオトカゲ、「コモド ドラゴン」と出会うことができます。

フローレスアラビカの産地は標高1100~1700m程度。現地名で「Julia」と呼ばれるTypica種をはじめ、Caturra種やAteng種が防虫剤や殺菌剤は勿論、肥料も発酵果肉のみといった伝統的な方法で育てられます。

丁寧に手摘み収穫されたチェリーはドライファーメンテーション(非浸水発酵/12-16時間)後、Gilling Basahと呼ばれるスマトラ式で精製されます。その後、スマトラ島へ輸送され、品質維持の手間のかかる手選別で厳選されたコーヒーは、柔らかなボディ感と仄かな香りを持つ非常にクリーンなカップです。スマトラ島のマンデリンとは一線を画す秘島フローレス。
この機会にぜひお試し下さい。


こんな麻袋で入荷しました。

※こちらのお豆さんは限定30㎏だけの販売ですので、なくなり次第販売終了となります※


mamebotanフローレス・コモドドラゴン・インドネシア(中煎り)


こちらの商品はかんたんドリップバックもございます。
mamebotanフローレス・コモドドラゴン・インドネシア(中煎り)かんたんドリップバック10個入り


こちらの商品はかんたんドリップバックもございます。
mamebotanフローレス・コモドドラゴン・インドネシア(中煎り)かんたんドリップバック30個入り


mamebotanフローレス・コモドドラゴン・インドネシア(深煎り)


こちらの商品はかんたんドリップバックもございます。
mamebotanフローレス・コモドドラゴン・インドネシア(深煎り)かんたんドリップバック10個入り


こちらの商品はかんたんドリップバックもございます。
mamebotanフローレス・コモドドラゴン・インドネシア(深煎り)かんたんドリップバック30個入り


こちらの商品は生豆もございます。
mamebotanフローレス・コモドドラゴン・インドネシア 200g

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2019.8.27

ただいまより『コスタリカ・ジャガー・ハニー』60㎏限定販売開始です。

コスタリカは日本の1/7しかない国土のうち1/4が国立公園や自然保護区となっていて、エコツーリズム発祥の地となっています。豊かな自然…

おすすめ記事

アーカイブ

  • 2019 (50)
  • 2018 (54)
  • 2017 (95)
  • 2016 (51)
  • 2015 (100)
ページ上部へ戻る