コーヒー豆の挽き方・・・香りを楽しんで。

コーヒーって入れている時や飲む時より、コーヒー豆を挽いている時に 一番いい香りがすると思うのですが・・・私だけ? 豆は淹れる直前に挽くのがベストです。粉にすると酸素と接触する面が増えて 酸化が進み、風味や香りが失われてしまいます。

豆を挽く時の注意点は、ムラを無くすこと。粒の大きさが均一でないとコーヒーの濃度に 差ができてしまい、本来の風味を味わう事ができなくなったり、入れるたびに味が違ってきたりします。

(特に刃が回転するカット式タイプの電動ミルをお使いの場合は、挽きムラがおきやすいので時々、ゆすって下さい)

挽き方は大きく分けて「極細挽き」・「細挽き」・「中挽き」・「粗挽き」に分かれています。

①極細挽き:エスプレッソに向いています。
gokuhoso-2
②細挽き:水出し用に向いています。
chuboso-2
③中挽き:ペーパーフィルター用・コーヒーメーカー用・サイフォン用に向いています。
中挽きが一般的には一番多い挽き方です。
chubiki-2
④粗挽き:ネルドリップに向いています。
arabiki-2
挽き方でもこんなに違います。

挽き目についてはお使いの器具に合わせていただくことをおすすめします。
細かく挽くと、しっかりとした味に。粗く挽くとあっさりとした味になります。
でも時には気分しだいで豆の量を少し多めにして、粗挽きであっさりと出したり、細い目に挽いてじっくりと濃い味を出したりしてお好みで自由に楽しんでみて下さい。 同じ豆でもバラエティーに富んだ味を楽しめます。

(粗くしすぎると、風味がなくなったり、また細かすぎるとおいしい成分だけでなく、渋みや雑味まで抽出されてしまう場合がありますので、気をつけてね)

【関連記事】
★コーヒーの豆の量はこちら
★コーヒーの保存方法はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.9.28

採れたて新豆届きました『ブルボン・クラシコ2017一番摘み』販売開始です♪

お米に新米・古米があるように、コーヒーにも新豆(ニュークロップ)・古豆(オールドクロップ)があります。ニュークロップはオールドクロップに…

おすすめ記事

アーカイブ

  • 2017 (82)
  • 2016 (51)
  • 2015 (102)
ページ上部へ戻る