カフェ・ヴィーニョ’2017入荷。販売開始します♪

【生産地情報】

生産地:ブラジル・ミナスジェライス州
標 高:920~1300m
平均気温:19~23℃
収穫時期:7月-9月
精製方法:Natural
スクリーン:16~18

カフェ・ヴィーニョはミナスジェライス州パトローシーニョ市、セラード高原の1360m前後の高地で栽培されています。4つの生産農場は徹底した近代農業技術の下で管理され、灌漑と乾燥設備を完備しています。

FUNDACCER(セラードコーヒー研究所)の指導の下、一貫した栽培育成システムで管理され、どの農園で収穫しても80点以上のスペシャルティグレードであることが条件で日本に向けて出荷されます。
精製方法はナチュラル(非水洗式天日乾燥)で力強いボディー感がありながら後味はクリアーでウォッシュド処理(水洗式)されたかのように雑味が残らないのが特徴です。口に含んだ瞬間に甘さが際立ち、鼻腔からワインを思わせるフレーバーを感じることで当店でも女性の方に最も支持されるおいしいコーヒーです。

香りを重視しているので、アルミパックで輸出されています。

生豆も状態が非常によく、独特のフレーバーが広がります。

※こちらのお豆さんはマイルドな中煎りタイプとビターな深煎りタイプの2種類ご用意しています。40㎏限定商品ですので、なくなり次第終了します。


mamebotanカフェ・ヴィーニョ2017(中煎り)


こちらの商品はかんたんドリップバックもございます。
mamebotan カフェ・ヴィーニョ2017(中煎り)
かんたんドリップバック10個入り


mamebotanカフェ・ヴィーニョ2017(深煎り)


こちらの商品はかんたんドリップバックもございます。
mamebotan カフェ・ヴィーニョ2017(深煎り)
かんたんドリップバック10個入り


こちらの商品は生豆もございます。
mamebotan カフェ・ヴィーニョ2017 200g

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.9.28

採れたて新豆届きました『ブルボン・クラシコ2017一番摘み』販売開始です♪

お米に新米・古米があるように、コーヒーにも新豆(ニュークロップ)・古豆(オールドクロップ)があります。ニュークロップはオールドクロップに…

おすすめ記事

アーカイブ

  • 2017 (82)
  • 2016 (51)
  • 2015 (102)
ページ上部へ戻る