こだわりその5:直下釜で煎る

直火式焙煎機で煎った豆はコーヒー本来の味を際立たせます。

当店は下から直接火を当てて煎る直火式タイプの釜です。直火式の釜はコーヒー豆本来の持つおいしさ(私が一番求めている甘みやコク)をダイレクトに引き出します。

この釜は上手に焼き上げるには絶妙な火力の調整や、給排気に気を配らなくてはなりません。また(各国の)豆のコンディションやその日の気温・湿度なども考え、五感をフルに使った熟練された技術や経験が必要となります。

大手のロースターの焙煎機は100kg以上とか、トン単位の大量生産で焙煎しており、そのほとんどが熱風式の釜で、熱い風を送って豆を膨らませるだけの、見栄え重視。味の方は豆のおいしさを引き出す事ができずにとてもぼやけた感じの味わいになります。
大量生産ですから、一粒一粒欠点豆を除去するのは不可能です。また、鮮度に関しても疑問が残ります。

当店では、本当においしいコーヒーの味を知ってもらいたくて500g~1kgまで(できあがり300g~800g程度)の少量焙煎にこだわり、欠点豆を完全に除去し、生豆本来の持ち味を最大に引き出す丁寧な個別の焙煎をしています。

本当においしいコーヒーをみなさまに味わっていただきたくて・・・
小さいお店だからこそできるおいしさのこだわりを持ち続けています。

※当店での焙煎は毎日午前中に行っております。焙煎のようすは こちら

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.4.20

リントン・タイガー・レインフォレストアライアンス認証新豆販売開始です

インドネシア・スマトラ島から『リントン・タイガー』限定40㎏入荷しました。 火山灰の肥沃な土壌と1300mを超す高地による昼夜の温度差…

おすすめ記事

アーカイブ

  • 2018 (22)
  • 2017 (103)
  • 2016 (51)
  • 2015 (102)
ページ上部へ戻る