こだわりその1:最高ランクの生豆の使用

豆には格付けがあります。当店はプレミアムコーヒー、もしくは最高位の生豆を材料にしています。

日本の農作物に等級があるように、コーヒー生豆にもさまざまな基準をもとに等級がつけられています。
その基準は、生産国によって異なります。粒のサイズによって分ける国(豆が大粒であるほど等級が高く、それだ高値で取引きされます。)や生産地の標高で分ける国(一般的に高地で採取された豆は、寒暖差が大きいため、固く締まり良質な酸味に優れておいしいので高値で取引きされます。)などがあります。

さまざまな等級づけや農園、品種にこだわった『スペシャルティーコーヒー』、『プレミアムコーヒー』と呼ばれるコーヒーが生まれます。

 

また、当店ではスペシャルティーコーヒー以外にも季節限定の豆やちょっと変わった珍しい豆も登場します。その時期しか味わえない旬のスペシャルティーコーヒーも大変人気です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.4.20

リントン・タイガー・レインフォレストアライアンス認証新豆販売開始です

インドネシア・スマトラ島から『リントン・タイガー』限定40㎏入荷しました。 火山灰の肥沃な土壌と1300mを超す高地による昼夜の温度差…

おすすめ記事

アーカイブ

  • 2018 (22)
  • 2017 (103)
  • 2016 (51)
  • 2015 (102)
ページ上部へ戻る